Artokigawa巡るときがわ 〈樹の家〉会場  「木と育ついのち」展、ご報告


 去る4月20日と21日の両日に開かれました「木と育ついのち」展は約250名の来場者を迎え無事終了いたしました。
 21日におこなった林野庁のお二人によるトークイベントでは、森林をテーマにしたイラスト展示で参加の平田美紗子氏(林野図書資料館)が、森林の地下に巡らされた菌類を媒介とする生命ネットワークについて。また今泉裕治氏(森林利用課長)は、国連のSDGs(持続可能な開発目標)など国際的な視野に立って、子ども達の生きる力を森林をキーワードにいかに伸ばしていくかについて、いくつかの取り組みを紹介され、大変感銘を受けました。


 また、屋外では、体験型遊具・木のジャングルジム「くむんだー」の組み立て解体も、子ども達は夢中になって木槌でクサビを打ち、楽しくちびっこ大工体験をしました。
ご来場の皆様には御礼申しあげます。

 

以下展示とトークイベントの様子です。

 


 

◆小畠刻時・スタジオ鼎 -KANAE-  

◆江幡三香・ママのオモチャ工房mamamano  

 

都幾川木建  (高橋俊和、良知直樹、山口遼平)

 

◆アトリエあゆす

 

◆平田美紗子・林野庁


 

◆今泉裕治氏、平田美紗子氏によるトーク&座談会

  ミニコンサート : 菅井千春 歌 (人と自然をつなぐ物語) 


 

◆くむんだー 他 


◆子どもたちに大人気の縄梯子



◆井野家のパン